取材日記

バスと歩きでも福津を満喫!

はじめまして。しゃべり始めたら止まらない、おしゃべりあんずです。
数年前まではペーパードライバーで、年数回は鉄道やバスを駆使して九州各地を旅していました。
取材日記では主にバスや徒歩での福津あるきを、ゆる~くご紹介したいと思います。

【宮地嶽神社だけじゃもったいないよね!】

さて、公共交通機関を使って福津を観光― となると、JRまたはバスで福間駅へ、そこから宮地嶽神社に行かれる方が多いのではないかと思いますが、聞くところによると、宮地嶽神社を回ったあとそのまま博多に戻る人も結構いるらしい…
宮地嶽神社も奥之宮八社や宮Zooなど見どころが多く、ゆっくり歩くとかなりの時間になりますが、その後そのまま福間駅にUターン… ではもったいない!
せっかく福津に来たのなら、『かがみの海』が大人気の福津の三大海岸(福間海岸・宮地浜・津屋崎海岸)も、まったり街あるきが魅力の津屋崎千軒も、楽しみたいですよね。

【福津市内を走る3つの路線】

福津市内を走るバス路線のなかでも、宮地嶽神社や海岸エリア、津屋崎千軒などの観光エリアを網羅しているのが、この図の3つの路線。行先番号は2つですが、行き先や経由地が違ったり、初見だとちょっと戸惑うかもしれませんが、

宮地嶽神社と周辺 … 1-1

ビーチエリア… 1-2

津屋崎エリア … 1-1、1-2(行き先表示が「津屋崎千軒・津屋崎橋」)

と覚えておけば、わかりやすいと思います。

こちらは福間駅のバス停に貼ってある案内図。
どの路線・行先のバスはどこに行けるかが一枚にまとまっています。
事前に画像を保存するか、福間駅に着いたらバス停の表示をスマホで撮影してお手元に残しておけば安心ですね。

【コース例】

実際にバスと歩きで回るとしたら、こんなルートはいかがでしょう?
※曜日などによってバスの発着時刻が変わるので、時刻は大体の参考で記載しています。
これらの路線のバス時刻は以下のサイトをご参照ください。
にしてつ総合時刻・運賃案内(バスナビ): http://jik.nishitetsu.jp/

わかりやすいように、バス停の名称にはピンク、バス路線・行先にはブルーのハイライトをつけてます。

10:00福間駅着 1-1番「津屋崎橋」行きのバスに乗り換え、「宮地嶽神社前」バス停で下車。宮地嶽神社へ。
10:30宮地嶽神社 奥之宮八社も回ってゆっくりめの散策(約1時間30分)。
12:00宮地嶽神社出発 光の道を海側へ散歩。
元気な人は宮司浜まで20分。宮司浜から砂浜をさらに15~20分くらい散策したら福間海岸に到着!
歩きは苦手な方は、宮地嶽神社前の交差点から徒歩10分足らずの「消防会館前」バス停から1-2番「JR福間駅」行き、または「光陽台六丁目」行きのバスに乗って「福間海岸」で下車。
12:30福間海岸周辺にはおしゃれなカフェがいっぱい。
ゆったりとランチを楽しんだあとは、飲みもの片手に海を眺めるのもよし、波打ち際をお散歩もよし。(約2時間)
潮の引き具合や天気によっては、かがみの海が楽しめるかも。
詳しくはかがみの海ウェブサイトをチェック!
14:30福間海岸」や「宮地浜2丁目」など、ビーチエリア付近のバス停から1-2番「津屋崎橋」行きのバスに乗り、「津屋崎千軒・なごみ前」で下車。徒歩約2分で津屋崎千軒の観光の拠点・津屋崎千軒なごみに到着です。(同じ1-2番「JR東郷駅」行きのバスでしたら、「津屋崎」バス停で下車すれば、津屋崎千軒なごみまで徒歩5分ちょっとです)
14:45津屋崎千軒なごみで津屋崎千軒のマップをゲットしたら、街あるきへ。(約1時間30分)
周辺の観光スポットやお店など、わからないことがありましたら、お気軽になごみスタッフにお尋ねくださいね。開館中の手荷物預かりも可能です。
津屋崎千軒なごみについての詳細はこちら
散策が終わったら、バスの出発時間までなごみで休憩。カフェコーナーのドリンクを片手にソファーでほっと一息もいいですね。福津のいいものを取り揃えたおみやげコーナーもありますよ。
16:301-1番または1-2番「JR福間駅」行きまたは「光陽台六丁目」行きのバスで福間駅へ。
こんな感じでほぼ丸一日、車がなくても福津を楽しむことができるんです。

このコースはほんの一例、バスの時間や歩きの割合によってさまざまなルートが可能です。
そして今回紹介したコースの途中にも、立ち寄れる場所がいくつもあります。

これから追々紹介していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

おしゃべりあんず

おしゃべりあんず

しゃべりだしたら止まらない、おしゃべりあんずです。 福岡出身ですが人生の約半分は香港ぐらし。福津市在住は3年目。 好きなことはものづくりとバス・列車の旅。 津屋崎千軒の小さな路地の風景と、大峰山から見下ろす海岸線が最近のお気に入り。

関連記事

TOP